痛風(つうふう)

スポンサードリンク

痛風(つうふう)

病名・症状

痛風

よみがな

つうふう

概要

痛風とは、尿酸の産生過剰もしくは排泄低下により尿酸が体内蓄積し、その結果、血漿中濃度が上昇し高尿酸血症となり発症する疾患です。
中年の肥満男性に発症が多く、女性の発症は閉経期以降に多くみられます。
手足の小関節の急性関節炎が代表的な症状です。
進行すると関節や骨の変形などの症状もみられます。
また、糖尿病、動脈硬化症、虚血性心疾患、高血圧症をきたすおそれがあります。

効果のある漢方薬

スポンサードリンク