黄疸(おうだん)

スポンサードリンク

黄疸(おうだん)

病名・症状

黄疸

よみがな

おうだん

概要

黄疸とは、血液によって、循環しているビリルビンと言う色素が、何らかの原因で血液中に増加し、皮下脂肪に大量に溶け込むことによって起こります。
黄疸は、皮膚・粘膜・眼球(強膜)が黄色くなり、皮膚が痒くなると言う症状があらわれます。
また、疲労感、倦怠感、発熱、尿の色が濃くなるなどの症状があらわれることもあります。

効果のある漢方薬

スポンサードリンク