急性大腸炎(きゅうせいだいちょうえん)

スポンサードリンク

急性大腸炎(きゅうせいだいちょうえん)

病名・症状

急性大腸炎

よみがな

きゅうせいだいちょうえん

概要

急性大腸炎とは、風邪や細菌などで腸に炎症が起きる病気のことを言います。
急性大腸炎は、下痢、腹痛、嘔吐、発熱、頭痛、腹部膨満、倦怠感、脱水などの症状があらわれます。
急性大腸炎は、食中毒、消化不良、細菌性赤痢、キノコ中毒、化学物質中毒、アレルギー性腸炎、神経症、寝冷えなどが原因と考えられます。
急性大腸炎は、2,3日または、1週間程度で治ることがほとんどです。

効果のある漢方薬

スポンサードリンク