狭心症(きょうしんしょう)

スポンサードリンク

狭心症(きょうしんしょう)

病名・症状

狭心症

よみがな

きょうしんしょう

概要

狭心症とは、冠動脈の動脈硬化などによって、心臓への血流が不十分となり、心臓の酸素や栄養が不足することで起こる病気のことを言います。
狭心症は、胸痛や胸部圧迫などの症状があらわれます。
痛みは、心臓部分がしめつけられる、圧迫感、重いなどが一般的で、耐えられないほどの痛みではありません。
また、痛みを感じる時間は、数十秒〜15分程度です。
痛みが頻繁に起こると心筋梗塞になる場合があります。

効果のある漢方薬

スポンサードリンク