子宮内膜炎(しきゅうないまくえん)

スポンサードリンク

子宮内膜炎(しきゅうないまくえん)

病名・症状

子宮内膜炎

よみがな

しきゅうないまくえん

概要

子宮内膜炎とは、子宮の内側を覆っている内膜が炎症を起こす状態のことを言います。
子宮内膜炎は、下腹部の不快感、下腹部痛、不正出血、発熱、腰痛などの症状があらわれます。
子宮内膜炎は、内膜に大腸菌、腸球菌、淋菌、結核菌、連鎖球菌、ブドウ球菌、バクテロイデスなどの細菌に感染することが原因と考えられます。

効果のある漢方薬

スポンサードリンク