小児喘息(しょうにぜんそく)

スポンサードリンク

小児喘息(しょうにぜんそく)

病名・症状

小児喘息

よみがな

しょうにぜんそく

概要

小児喘息とは、発作時の呼吸の際にゼイゼイ、ヒューヒュー「喘鳴(ぜんめい)」と言う音が聞こえて、呼吸困難を繰り返しみられる病気のことを言います。
小児喘息は、治療や自然に治ることが殆どです。
小児喘息にかかると、気管支は過敏になり、少しの刺激が加わっても、すぐに反応を起こしてしまいます。
発作を起こす刺激には、花粉、ほこり、気管支炎、かぜ、大気汚染、激しい運動などが考えられます。

効果のある漢方薬

スポンサードリンク