心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)

スポンサードリンク

心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)

病名・症状

心臓弁膜症

よみがな

しんぞうべんまくしょう

概要

心臓弁膜症とは、心臓の弁膜の開閉運動に支障をきたし、血液の流れが妨げられる病気のことを言います。
心臓弁膜症には、「狭窄症」と「閉鎖不全症」に分けられます。
心臓弁膜症は、自覚症状がなく、うっ血性心不全を合併したときに呼吸困難、息切れ、夜間排尿、腹部張満感、血尿などの症状があらわれます。
心臓弁膜症は、リウマチ性、先天性などがおもな原因と考えられます。

効果のある漢方薬

スポンサードリンク