打撲(だぼく)

スポンサードリンク

打撲(だぼく)

病名・症状

打撲

よみがな

だぼく

概要

打撲とは、身体を強くぶつけるなどによって、傷口のない軟部組織の損傷のことを言います。
打撲は、全身のあらゆる部分に起こります。
打撲によって、損傷した組織は、通常よりも血液の循環がよくなり、腫れ、痛み、熱感、赤みを帯びたりし、炎症を起こすと言う症状があらわれます。
また、場合によっては、しびれや知覚異常などもあらわれることもあります。
打撲は、一般的に痛みは、1週間以内におさまります。

効果のある漢方薬

スポンサードリンク