吐血(とけつ)

スポンサードリンク

吐血(とけつ)

病名・症状

吐血

よみがな

とけつ

概要

吐血とは、消化器から出血した血液が、胃酸によって酸化し、黒ずんだ色の血液を口や鼻から吐き出すことを言います。
吐血は、精神的なダメージを与える症状です。
吐血の原因疾患は、「十二指腸潰瘍」、「胃潰瘍」、「急性胃潰瘍」、「出血性びらん」、「出血性胃炎」、「食道静脈瘤」、「胃がん」などが考えられます。
吐血に似たものとして、「喀血(かっけつ)」があります。
喀血は、呼吸器から出血するもので、せき込んだときに出血がみられるもので、吐血とは原因が異なります。

効果のある漢方薬

スポンサードリンク