不安神経症(ふあんしんけいしょう)

スポンサードリンク

不安神経症(ふあんしんけいしょう)

病名・症状

不安神経症

よみがな

ふあんしんけいしょう

概要

不安神経症とは、不安を症状とした神経症のことを言います。
不安神経症は、動悸、頻脈、息切れ、めまい、呼吸困難、ふらつき、しびれ、腹痛、胸痛、胸部不快感、下痢、不眠、脱力感、吐き気、震え、不整脈などの身体症状の他に、不安、過敏、緊張、混乱、抑うつなどの精神症状があらわれます。
不安が心臓に集中している場合は、「心臓神経症」と呼ばれます。

効果のある漢方薬

スポンサードリンク