慢性胃腸カタル(まんせいいちょうかたる)

スポンサードリンク

慢性胃腸カタル(まんせいいちょうかたる)

病名・症状

慢性胃腸カタル

よみがな

まんせいいちょうかたる

概要

慢性胃腸カタルとは、胃の粘膜表面がただれて炎症が繰り返し起きるものを言います。
慢性胃腸カタルは、げっぷ、胸やけ、胃部の不快感、圧迫感、もたれ、吐き気、食欲不振などの症状がみられます。
慢性胃腸カタルは、暴飲暴食、極端に暑い飲み物、冷たい飲み物、刺激物、アルコール類などをたくさんとることが原因で起ったり、精神的ストレスなど多くの原因が考えられます。

効果のある漢方薬

スポンサードリンク