慢性関節炎(まんせいかんせつえん)

スポンサードリンク

慢性関節炎(まんせいかんせつえん)

病名・症状

慢性関節炎

よみがな

まんせいかんせつえん

概要

慢性関節炎とは、何らかの原因で関節に炎症が起こり、痛み、腫れ、熱などの症状があらわれる病気のことを言います。
慢性関節炎を伴う代表的なものに、関節リウマチがあります。
最初は、手指や足指の関節が腫れて痛むなどの症状があり、進行すると手足の関節にも同様の症状がみられるようになり、関節が変形、硬直することもあります。
原因は解明されていませんが、何かの原因で免疫異常が生じ、慢性多関節炎が起こるとされています。

効果のある漢方薬

スポンサードリンク