慢性腹膜炎(まんせいふくまくえん)

スポンサードリンク

慢性腹膜炎(まんせいふくまくえん)

病名・症状

慢性腹膜炎

よみがな

まんせいふくまくえん

概要

腹膜炎とは、腹膜の炎症によって起こる病気のことを言います。
腹膜炎には、「急性腹膜炎」、「慢性腹膜炎」などがあり、徐々に腹水がたまったり、癒着が起こるなど、ゆっくりと経過するものを慢性腹膜炎と言います。
慢性腹膜炎のほとんどが、結核菌の感染による結核性腹膜炎です。
結核性腹膜炎は、発熱、腹痛、体重減少、腹部膨満感、腹水などの症状があらわれます。

効果のある漢方薬

スポンサードリンク