芍薬(しゃくやく)

スポンサードリンク

芍薬(しゃくやく)

生薬名

芍薬

よみがな

しゃくやく

原料

芍薬とは、ボタン科シャクヤクなどの根のことを言います。

性味

微寒性です。
酸っぱい、苦い味がします。

主成分

ペオニフロリン、ペオノール、タンニンが主成分です。

効能

鎮静、鎮痙作用
鎮痛作用
末梢血管拡張作用
免疫賦活作用
胃腸運動促進作用
抗潰瘍作用
抗変異原性作用
抗炎症、抗アレルギー作用
血液凝固抑制作用
筋弛緩作用
ホルモンへの作用

処方例

胃苓湯(いれいとう)
温清飲(うんせいいん)
黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)
黄ごん湯(おうごんとう)
葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう)
葛根湯(かっこんとう)
加味逍遙散(かみしょうようさん)
桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)
桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)
四物湯(しもつとう)
芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
小建中湯(しょうけんちゅうとう)
真武湯(しんぶとう)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
当帰芍薬散加黄耆釣藤(とうきしゃくやくさんかおうぎちょうとう)

当帰芍薬散加人参(とうきしゃくやくさんかにんじん)
当帰芍薬散加附子湯(とうきしゃくやくさんかぶしとう)
当帰湯(とうきとう)
独活葛根湯(どっかつかっこんとう)
独活寄生湯(どっかつきせいとう)
人参養栄湯(にんじんようえいとう)
排膿散(はいのうさん)
排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)
扶脾生脈湯(ふひせいみゃくとう)
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
補陽環五湯(ほようかんごとう)
麻子仁丸(ましにんがん)
よく苡仁湯(よくいにんとう)
抑肝散加芍薬黄連(よくかんさんかしゃくやくおうれん)
※その他にも多数あります。

スポンサードリンク